ガスコンロが点かない!修理を依頼する前にチェックしておきたいこと

ガスコンロが点かない アイキャッチ

私は燃料会社に勤めていて、ガスコンロの修理も担当しております。

今回は、そんな私が、ガスコンロが点かなくなったとき、修理を依頼する前にチェックしておきたいことを書いていきます。

コンロが点かないという依頼で修理に行くと、半分以上がちょっとしたことで直ってしまいます。

そんなちょっとしたことで出張料や技術料を払うのはもったいないと思うんです。

絶対にやってはいけないこと

まず始めに注意事項として、絶対にやってはいけないことを書いておきます。

それは、何度か点火を試したあとに、ライターなどで火を点けようとすることです。

最近のガスコンロは安全になったので、火が消えているのにガスが出続けることはありません。センサーが付いていて、火が消えているときはガスを止めるようになっているんです。

ですが、点火ボタンを押している間は、この安全装置が解除されています。

なので、火が点かないのに何度も点火ボタンを押していると、ガスが漏れた状態になるんです。

そこにライターなどで火を点けようとすると、火柱が上がります。爆発まではいきませんが、危険なのでやめてください。

それと、無理に分解するのもガス器具なので危険です。これもやめてください。

注意書きが長くなりました。では、自分でチェックできるポイントを見ていきます。

電池がない

ガスコンロの修理に行って一番多いのが、電池がないことです。

最近のコンロはセンサーが多く、安全にはなりましたが電池の消耗が早いんです。

電池がないと点火するための火花が飛ばないので、火が点きません。また、点火できるギリギリの電圧があっても、センサーを稼働し続けられないので消えてしまうこともあります。

なので、最初は電池を疑ってみましょう。

電池交換の目安としては、最近のガスコンロですと、電池のランプが点灯します。

電池サインの画像

上の写真の赤い丸の部分のランプが点灯します。

これがない場合は、点火動作の音で見分けます。パチ、パチ、パチと間延びした音がしていたら電池がない証拠です。1秒間に1回しかパチパチ音がしないようでしたら、電池がなくなっています。電池がある場合には、1秒に3回くらいパチパチと音がします。

このような場合は、まず電池を交換してみて下さい。

(余談ですが、電池交換したら、この点火動作の音の違いを覚えておくと次に交換するときの目安になります)

それで、実際に電池交換するときは、プラスマイナスを確かめてほしいです。「電池交換したのに点かないんだよ」と言われて修理に行くと、電池のプラスとマイナスが逆だったということも結構あるんですね。

また、電池を交換したのに、「最初に火は点くけど、点火ボタンから手を離すと消える」という場合には、部品の交換が必要です。

熱電対とマグネットを交換すれば直るのですが、素人では難しいので、その場合はガス会社に修理を依頼するのが良いです。(料金は業者によってバラつきがありますが、私の会社の場合には、3000円~1万円位です)

バーナーキャップがズレている

次に多いのが、バーナーキャップがズレていることです。

バーナーキャップがズレている画像

掃除をしたときや、何かがぶつかってしまったときにバーナーキャップがズレることがあります。

このバーナーキャップがズレていると、ガスがちゃんと出なかったり、うまく火花が飛ばなかったりして、火が点きません。

この場合、しっかりとはめることで火がつくようになります。

バーナーキャップが濡れている

バーナーキャップが濡れていても、火が点きません。

これは、掃除で洗ったあとや、吹きこぼしてしまったあとに起こります。

バーナーキャップの裏側の画像

バーナーキャップを外すと、上の写真のように裏側がギザギザになっていますが、この隙間に水分が残っているとうまくガスが出なくて火がつかないんです。

この場合、このギザギザの部分の水分を拭き取ってあげれば、火がつくようになります。

点火プラグ・熱電対に何か付いている

点火プラグや熱電対にゴミやススなどがついていても、火が点きません。

熱電対 点火プラグの画像

点火プラグや熱電対とは、上の写真の丸で囲んだ突起物です。

ここをチェックして、何かついているようなら、爪やブラシなどで取り除いてあげると火が点くようになります。

チャイルドロックが作動している

点火のボタンを押そうとしても、ボタンが押せない場合には、チャイルドロックが働いている可能性が高いです。

チャイルドロックの位置の画像

チャイルドロックとは上の写真のつまみで、これをスライドさせるとロックしたり解除したりできます。

ガスコンロを掃除したときなどに、このつまみが動いてロックされていることがありますので、点火ボタンが動かない場合には、ここを確認してください。

ヒューズコックが作動している

お使いのコンロがガステーブルの場合には、ヒューズコックが作動している可能性があります。


【送料無料】リンナイ 【プロパンガス用】ガステーブル(右強火力) ダークストーングレー KGM563DGR-LPG [KGM563DGRP]

ガステーブルとは、上のような商品で、簡単に動かせるガスコンロです。(ちなみにキッチンと一体型になっていて動かせないコンロはビルトインコンロといいます)

ガステーブルはゴムホースで繋がれているので、このホースが切れた場合に備えて、ガスの元栓がヒューズコックというガスを止める機能を持ったものになっています。

この機能が何かの拍子に働いてしまい、ガスが出なくなっていることがあるんです。

この場合、一度ガスの元栓を締めて再び開けるとガズが出るようになります。

何度か点火動作をしても火が点かず、ガス臭くもならない場合には、一度元栓を締め、再び開けると点くようになることがあります。

(これは、元栓の種類が違うのでビルトインコンロには当てはまりません)

アルミの汁受けを使っている

100円ショップなどで売っている、アルミ製の汁受けを使っている場合には、これが原因で火がつかないことがあります。


【東洋アルミ】 ガスマットFit!【RCP】ガスマット ガスレンジ 汁受け皿 ガステーブル ガスコンロ 在庫商品

この汁受けが、点火プラグや熱電対に近づきすぎると、点火のための火花がちゃんと飛ばせなかったりして火が点かないことがあるんです。

これを外して試してください。

ガスメーターを確認してみる

ここまでチェックしても火が点かない場合には、何らかの原因でメーターでガスが止まっていることもあります。

最近のガスメーターは安全のためにかなり進歩していて、私よりも賢いくらいです(笑)頭が良すぎるメーターが、異常な使用量などを検知するとガスを止めることがあるんですね。

ガスメーターの液晶部分に「ガス止」などの表示がある場合や、ランプが点滅している場合には、メーターがガスを止めています。

この場合は、ご使用のガス会社に連絡してください。

修理を依頼するなら

以上、ガスコンロが点かないとき、修理を依頼する前にチェックすることを書いてきました。

私の経験上、これらをチェックすることで半分位の確率で直ってしまいます。

これらの項目をチェックして、それでもダメなら修理を依頼することをオススメします。

最後に、修理を依頼するなら、現在使っているガス会社に連絡することをオススメします。

というのは、ガス器具メーカーに依頼するよりも、格安で修理してもらえることが多いからです。