渓流用のサオを安い竿からDaiwa源流清瀬に替えて感じた違い

源流清瀬 アイキャッチ

私は、渓流釣りデビューからの2シーズンは、ホームセンターで売っている4000円くらいのサオを使っていました。

初めて使ったサオだったので、特に不満は感じていませんでしたが、折ってしまったのをきっかけに買い替えることにしたんです。

選んだのは、Daiwaの源流清瀬5、3メートルです。

良いサオを使ってみたいけど、そんなにお金は出せないという私には、Daiwaというブランドで1万円ちょっとの価格が魅力だったんですね。

また、源流域での釣りが好きな私には、源流という言葉が名前に入っているのにも惹かれました。

今回は、この源流清瀬に持ち替えて感じた、安いサオとの違いについて書いていきます。

狙ったところに投入出来る

一番違うと感じたのが、仕掛けを狙ったところに投入しやすいということです。

私の師匠に、「振り子のように仕掛を振ってから振り出せば、遠くのポイントにも投入出来る」と教えられたのですが、安いサオのときは上手く出来ませんでした。

サオがブレてしまうからか、仕掛を振り子のようにうまく振れなかったんです。そのため、遠くのポイントになかなか振り込めませんでした。

また、コントロールもしにくく、狙ったポイントを外してしまうことも多かったです。

それが、源流清瀬に持ち替えてからは、すんなりと仕掛を振れるようになりました。そのため、遠くのポイントに仕掛けを投入しやすくなりましたし、コントロールも良くなりました。

今までの上手く振り出せなかったのは、サオの性能の違いだったようです。(上手い人なら安いサオでもうまく振り出せるとは思いますが・・・)

源流釣りでは、ポイントに近づきすぎると、魚に気づかれ走られることが多くなります。魚に警戒されないように遠くからポイントを攻めたほうが釣れやすいんですね。

加えて、私が行くフィールドは源流ですので、木のあいだを狙って仕掛けを投入することが多いです。コントロールが良くなったので、狭い隙間も攻めやすくなりました。

サオのおかげか、私の腕が上がったのか(笑)、実際に釣果が伸びたと感じています。

軽く感じた

最初に使っていたサオも5,4メートルだったので、長さはほとんど変わりませんし、仕舞っているときは重さの違いもそれほど感じませんでした。

ですが、伸ばして釣りをしているときは、安いサオに比べてかなり軽く感じました。

安いサオのときは、腕を伸ばして釣るのがツラかったのですが、源流清瀬に持ち替えてからは、ツラさがかなり軽減されました。

なので、仕掛けを流すことに集中できるようになったと感じています。

また、腕を伸ばして釣ることに苦痛を感じなくなったので、ポイントの遠くから釣るようになりました。先程も書きましたが、近づきすぎると魚に気付かれやすいので、この点も釣果に良い影響を与えていると思っています。

大物とのやりとりも安心

源流清瀬を買って初めて行った釣りで、大物に当たりました。下の写真です。

源流清瀬での釣果

4年も前のことなのではっきりとは覚えていませんが、大きいものから44センチ・33センチ×2・32センチ・31センチ・25センチだったと思います。

それで、写真からもわかるように、44センチのイワナは33センチのイワナと比べても別格に大きく、丸々と太っていて重かったです。

重すぎて浮いてこなかったので、最初は木の枝を釣ったと思ったほどでした。

このイワナに対しても、パワー負けすることはなく浮かせることが出来たので、サオの強さは十分だと感じています。

また、このイワナは浮いたあとも、これでもかというくらい走りましたが、当時ど素人の私でも糸を切られずにいなせたので、パワーだけではなく吸収力もあると感じています。

仕掛けが0.8号通しだったと記憶していますが、もしサオを買い換えていなければ、初心者の私がこのイワナを釣り上げられた自信がありません。

このイワナを釣ることができたので、買って良かったと感じています。

小さい魚は簡単に上げられるのでつまらない

ただ、欠点が無いわけではなく、20センチくらいのイワナだと、あっさりと釣り上げることができるので、つまらない気もします。

尺イワナでも抜き上げられるパワーがあるので、20センチくらいだと物足りなく感じてしまうんですね。

ですが、大きい魚を釣れないよりはずっと良いので、そのことにはこだわってはいません。

源流清瀬の総合的な感想

以上、源流清瀬に買い換えて感じた点について書いてきました。

私は、最初に使った安いサオと源流清瀬しか使ったことがないので、偉そうなことは言えませんが、源流域で使うならとても良いサオだと感じています。

事実、源流釣り歴の長い師匠も、実は同じサオを使っていて、「このサオを買ったんだけど、良い感じだよ」と言っていました。

私が使っていると気付かずに買ったらしく「私のサオと同じですね」と言ったらガッカリしていましたが、使い心地には満足しているようです。

渓流用のサオを安い竿からDaiwa源流清瀬に替えて感じた違い” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。