リンナイ【ココットプレート】でサバを焼いてみた!美味しくなった?マズくなった?

ココットプレート サバ ア

魚を焼いても、グリルの油汚れを99.9%カットしてくれるという、リンナイのココットプレート。

魚は好きだけど、「家事の中で、洗い物が1番キライ!」の私にはピッタリな商品だと思い買ってみました。

ただ、思ったのが、洗い物がラクになっても、肝心の焼き魚がマズくなったら意味がないということです。

そこで、実験として、1匹のサバを三枚におろして、半身をココットプレートで焼き、もう半身を普通に焼いて、食べ比べてみました。

今回は、その感想をレポートしていきます。

どのように実験したのか

まずは、どのように実験したのかを、簡単に説明します。

今回使ったサバがこちらです。

ココットプレートの実験で使

家の冷凍庫で保存していたもなので、少し冷凍焼けをしていますが、油が乗った良いサバです。

これを、三枚におろして半身は、下の写真のようにココットプレートにセットして

ココットプレートにサバをセ

フタをかぶせて

ココットプレート 蓋をした

我が家のコンロちょっと古く、ココットプレートプレートのオートメニュー機能は付いていないので、付属のレシピ本通りに、上は強火で下は弱火にして8分焼きます。

ココットプレートの焼き方の

で、焼きあがりが、下の写真のような感じです。

ココットプレート焼きあがり

裏返すと、焼き色も付いていました。

皮側の写真

もう半身は、今までやっていたように、グリルの焼き網にセットし

焼き網にのせた写真

オートグリル機能を使って焼きます

オートグリルの火加減の写真

で、焼きあがりが、下の写真のような感じです。

焼き網で焼いた写真

裏返すと

焼き網の皮側の写真

同じく焼き色が付いています。

見た目の印象としては、オートグリルのほうが、若干ですが強めに焼けていました。

食べ比べた感想

では、本題に入りまして、食べ比べてみた感想です。

ココットプレートのほうがパサパサ感がなくふんわりしている

まず、驚いたのが、ココットプレートで焼いたサバのほうが、柔らかいということです。

うまく表現できないのですが、しっとりと言いますか、ふんわりと言いますか、パサパサしないんですね。

正直言うと、私は、口の中の水分が奪われる、パサパサした焼き魚は好きではありません。

なので、実は、焼きサバって好んでは食べないんです。(シメサバは大好きなのですが・・・。)

けれども、ココットプレートで焼いたサバはとても美味しく感じ、あっという間に食べ終わってしまいました。

「半身では足りない!」と思ったくらいです。

ですが、普通に焼いたサバは、パサつく感じがあり、いつも通りの焼きサバという印象でした。

これは、好みの問題もありますが、私の感想は、「ココットプレートで焼いたほうがおいしい!」でした。

ココットプレートでも揚げた感じにはならない

ココットプレートを使うにあたって心配していたのが、「油っぽくなりすぎないか?」ということです。

網で焼くのと違って、魚の油が落ちにくいので、ベタベタした焼き魚になるのではないかと心配していたんですね。

ですが、その心配は必要ありませんでした。

ココットプレートは、下の写真のように凸凹になっているので、油が流れていくようです。

ココットプレート凹凸の写真

なので、魚から出た油で揚げ焼きするような感じにはならず、ベタっとした焼き魚にはなりませんでした。

パサパサしないのにベタっともしない

以上書いてきたように、ベタっとした感じがないのに、パサパサした感じもなく、焼き上がりとしては非常に満足しています。

正直なところ、この実験でマズかったら、「どんなに洗い物がラクでも魚を焼くときは使わない」と思っていました。

ですが、「これからもココットプレートを使って焼こう!」と思えるほど満足しています。

私のように、「パサパサした焼きサバは好きではない」という方は、試してみる価値はあると思っています。

 

ちなみに、ココットプレートが発売される前のガスコンロを使っている場合でも、ココットプレートが使える機種があります。

実際、私が使っているコンロも2012年製造なので、ココットプレートが発売されるずっと前のモデルですが、調べてみたところ対応機種になっていました。

どの機種が対応しているかは、リンナイのホームページで確認できますよ。

リンナイ【ココットプレート】でサバを焼いてみた!美味しくなった?マズくなった?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。