源流釣りド素人でも分かるポイントだけにサオを出してもイワナは釣れるのか?

目立つポイント アイキャッチ

源流釣りでは、イワナが居るポイントを見つけられれば釣果は上がります。と言われても、初心者にはそれが難しいんですよね?

それなら、初心者にも分かりやすい目立つポイントだけにサオを出して、体力まかせにガンガン釣り上がったらどうなるんでしょう?

実は、私は源流釣りを始めた頃に、そんな釣り方をしていました。

ポイントが見極められなかったので、ど素人でも分かる落ち込み下の白泡と、深そうな淵のみにサオを出し、その他のポイントはほとんど無視して釣り上がっていたんです。

この経験から、目立つポイントだけにサオを出すような釣り方をすると、どうなるのかをご紹介します。

これも面白い釣り方

結果から書きますと、距離を歩いたわりに数は釣れませんが、釣れるイワナの平均サイズは大きくなります。なので、これはこれでアリな釣り方だと感じています。

というのは、ガンガン釣り上がると、絶好のポイントにたくさんサオを出せるからです。

例えば、慎重に2キロ釣り上がるよりも、小さなポイントは無視してガンガン進み、5キロ釣り上がる方が絶好のポイントはたくさんありますよね?

絶好のポイントには大きなイワナが居ることが多いので、多くの絶好ポイントに竿を出せれば、その分、大イワナに出会える確率が上がるんです。

こう考えると、小さなポイントは無視してガンガン釣り上がるのも悪くないんですね。

で、実際の釣果はどうだったかと言いますと、1時間で2~3匹しか釣れませんでしたがサイズは揃いました。尺イワナとはいきませんが、ほとんどが25センチくらいで揃っていたと記憶しています。

なので、体力に自信がある方は、このような釣り方も面白いと感じています。

悔しい思いもたくさんする

ただ、この釣り方は、悔しい思いもたくさんします。

小さなポイントを無視して進んでいるので、そのポイントに居たイワナが、私に気づいて走ることが多いんです。

そのイワナが大きかったら、すごく悔しい思いをしますし、小さくてもなんとなく悔しい気持ちになります。

また、走ったイワナが絶好のポイントに逃げ込むと、そのポイントに緊張感が伝わるのでしょうか?絶好のポイントでも、イワナが釣れないことが多くなります。

もし、小さなポイントにもサオを出し、逃げ込んだイワナを先に釣っていたら、絶好のポイントでも釣れたのではないか?そう考えると、また悔しくなるんです。

悔しい思いをしない方法

以上で書いてきたように、目立つ絶好のポイントだけサオを出すと、サイズは揃いますがなんだか悔しい気持ちになります。

この悔しい気持ちを回避する方法として、最近は、アプローチに気を付けると良いと感じています。

私が初心者の頃は、絶好のポイントを目指して、川のすぐ脇や川の中を歩いていました。とにかく、最短ルートで次のポイントを目指していたんです。

その結果、釣ったイワナよりも多くのイワナに走られて悔しい思いをしました。

これを改善し、目立つポイントだけにサオを出すにしても、できるだけ川から離れて歩き、無視したポイントのイワナには気付かれないようにすると良いです。

そうすれば、小さなポイントにいたイワナに、絶好のポイントに逃げ込まれることが減るので、そのポイントで釣果が上がるようになります。

なので、仮に小さなポイントが見極められなくても、初心者の頃の私よりは数も釣れるはずです。

ポイントをちゃんと見極めて、短い距離でも釣果を出せるのは理想ですが、そうはいかない初心者の頃は、目立つポイントだけサオを出す釣り方でも、十分に釣果は上がります。