【雛岳バックカントリー】登りのルートはどこが良い?実際に登った感想

雛岳登りのルート アイキャ

雛岳にバックカントリーに行くにあたって、どのルートで登るかで迷っていませんか?

私は、過去に何度も雛岳に登り、一般的な2つのルートを、どちらも登ってみました。

今回は、その経験から、どのルートが良いかを紹介していきます。

2つのルートが一般的

冒頭で書いたように、雛岳に登るには、2つのルートが一般的です。

雛岳2つの登りのルートの地図

上の地図の、赤線か青線のルートですね。

私としても、このどちらかを登るのが良いと思っています。

というのは、2つとも尾根を登るルートなので、比較的安全で分かりやすいからです。

実際、登山者のほとんどが、この2つのルートを登っています。

どちらが良いかは状況によって変わる

では、この2つのルート。どちらが良いかですが、一概には言いにくいです。

なぜなら、どちらのルートにも良いところと悪いところがあって、それが天候や雪質の変化で、目立ったり目立たなかったりするからです。

なので、結論としては、その日の状況に応じて、登るルートを変えるべきだと思っています。

実際、私自身も、状況によって2つルートを使い分けています。

では、以下で、ルートのざっくりとした特徴と、なにを基準にルートを決めているかを紹介していきます。

赤のルートの特徴

雛岳2つの登りのルートの地図

赤のルートの特徴は、青のルートに比べて斜度が緩いことです。

なので、登りやすいですが、距離は長くなります。

また、中腹からは開けた尾根を登るので、風に叩かれ雪が固くなっています。

そのため、青線のルートに比べて、ラッセルの苦労は少ないです。

青のルートの特徴

雛岳2つの登りのルートの地図

青のルートは、赤のルートと比べて距離が短くなりますが、その分、ちょっと斜度がキツくなります。

そのため、登るのに苦戦する場所が、赤のルートに比べて多かったです。

また、山頂付近まで木の中を登るので、柔らかい雪を登る距離が長くなります。

赤いルートが良いとき

このことを考慮して、どんなときに赤いルートを選ぶかを挙げていきます。

ラッセルがキツいとき

ラッセルがキツそうなときは、赤のルートを選んでいます。

先ほども書きましたが、このルートは中腹から開けた尾根を登ります。

この部分は、雪が固くなっていることが多いので、ラッセルの必要がありません。

青のルートは、登りの9割ほとがラッセルになりますが、こちらは登りの半分くらいがラッセル無しで済みます。

ですから、新雪が深いときは、こちらのルートを選んでいます。

風がないとき

ただ、このルートは、ラッセルが少ない代わりに、開けた尾根を登るので、風の影響を受けます。

雪が飛ばされたりして、ラッセルが少なくて済むのは、風が良く当たる尾根という証拠なんですね。

なので、風が強い日は危険ですし、ラッセルするよりも苦労します。

ですから、風がない日にこちらのルートを選びます。

登り慣れていない仲間と登るとき

私には、その機会はほとんどありませんが、登り慣れていない仲間と登るときも、こちらのルートが良いと感じています。

スノーシューで登る場合、慣れていないと、斜度がキツくなれば登りが一気にツラくなります。

なので、距離は長くなりますが、斜度が緩いこちらのルートがラクだと思っています。

青のルートが良いとき

続きまして、青のルートを選ぶときを挙げていきます。

メンバーが多いとき

メンバーが多かったりして、ラッセルの苦労が少ないときは、こちらのルートを選びます。

なんといっても距離が短いので、交代で階段を作るように登っていければ、赤いルートに比べてラクになります。

ですから、ラッセルに強いメンバーが居たり、人数が多いときには、こちらのルートが良いです。

春雪などでラッセルがないとき

例えば、ゴールデンウィークの春スキーなど、ラッセルがほとんど必要がない日も、青のルートを選びます。

さすがの八甲田も、春になればザラメ雪になっていて、ラッセルが必要ない日も多いです。

ラッセルがなければ、多少斜度はキツくなりますが、距離が短いほうがラクに感じます。

ただ、八甲田ではゴールデンウィークでも降雪がありますので、その日の状況によって見極めが必要ですね。

風が強いとき

風が強いときは、青のルート一択です。

このルートは、登りの9割ほどが木の中を進むので、風の影響を受けにくいです。

最悪、風が強くて山頂に行けなくても、こちらのルートを使えば9合目付近からの滑走を楽しめます。
(赤のルートだと、5合目付近から風の影響を受けます。)

山頂のオープンバーンは滑れなくなりますが、9合目からの滑走でも雛岳は楽しいです。

なので、山麓から見て、風が強そうだと感じたときは、こちらのルートを選びます。

迷ったら風を判断材料にする

以上で書いてきたような基準で、どちらのルートにするかを選んでいます。

いろいろな要素から判断していますが、この中で私が1番重要視しているのが風です。

もしも、どちらのルートにするかで迷ったら、風がなければ赤のルート、風が強ければ青のルートと判断しても良いと思っています。

【雛岳バックカントリー】登りのルートはどこが良い?実際に登った感想” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。